30歳転職ガイド|チャンスを逃さないために

*

サイト上の応募フォームも一工夫が大事

   

①サイト上の応募フォームの記入のコツとは?
 転職サイト上の応募フォームの役割は、いかに自分が希望する求人が検索にひっかかるようにできるかどうかということです。そこで、できる限り空欄を残さずに記入することが大切です。そのため、入力する手間や時間も相当かかり、面倒な作業と言えますが、記述ミスを防ぐためには、入力前には必要な情報をあらかじめ準備して、応募フォームに沿うように、テキストスタイルで学歴や経歴を作成しておくと良いでしょう。こうしておくと、応募フォームには、テキストスタイルからコピー&ペースト入力だけですみますので、間違いもなく効率的に登録することができます。
 また、一旦登録したデータを求人応募に際して利用することになりますし、30歳の転職では多くの可能性があります。そこで、求人にエントリーする際に備えて、できれば差しさわりのない一般用と、業界別、職種別、あるいは第一志望用とそれ以外など2種類から3種類程度にわけて、内容をテキストスタイルで保存して、応募求人に合わせて応募フォームを使いわけるようにすることも大切です。

②サイトから応募する際の注意点とは?
 多くの求人にエントリーできる30歳の転職では、サイトから転職活動をする場合には、一度に多数の求人にエントリーすることも可能です。そのため、あらかじめレジュメ登録しておいたデータを利用して、簡単にエントリーできる手軽さから、十分な企業選択をせずに、安易に応募してしまうこともあります。
 また、登録しておくべき職務経歴に誤字脱字や、空欄が目立つもの、あるいは多くの企業に通用するような差しさわりのない凡庸なものでは、せっかく第一希望の会社にエントリーしても魅力のない候補者として映ることもあります。
 さらにサイト応募で注意するべきことは、応募用の職務経歴書の魅力のなさだけではなく、採用担当者に対する意味不明な内容のメールや、HP上に掲載されている質問などがあります。また、現職のメールを利用して転職先に問い合わせをするなどがあります。
社会人として10年近い経験がある30歳で、このようなビジネスマナーがなっていないと受け止められますので注意が必要です。

 - 転職サイトの活用法

  関連記事

転職サイト活用で転職活動が変わる?!

①転職サイトの種類を知ろう  30歳が転職サイトを利用して転職する場合には、まず …

no image
転職サイトの使いこなし術とは?

転職サイトの使いこなし術  30歳の転職活動は、転職回数にもよりますが、基本的に …