30歳転職ガイド|チャンスを逃さないために

*

知っておきたいビジネスマナー

   

転職だからこそ知っておきたいビジネスマナーとは?

 30歳は中途採用市場で注目される年齢です。一定のスキルを有し、それでいて知識の柔軟性と成長意欲、将来性があると期待されています。

 新入社員のように教育研修費やOJTで一定期間教育するだけを覚悟し、売上に貢献できない時期を甘んじて受け入れなければならない、なんてことは無用です。もちろん新入社員には無限の可能性、成長する潜在能力とその発揮、後継者育成などの魅力があるわけですが、30最には即戦力という大きな魅力があります。
 
 転職となれば、学卒時の新入社員選考とは違った要件が要求されてきます。即戦力は当然のことながら、ビジネスマナーの有無も必要とされます。ビジネスマナーは仕事を円滑にこなしていくための必要不可欠な潤滑油のようなものですので、即戦力をより効果的に精華へと結びつけるうえでも欠かせないものと考えられています。
 
 転職の場面で特に必要なビジネスマナーといえば何より挨拶と報連相(ホウレンソウ)、そして順応性です。自ら率先して挨拶の言葉を発し、独断で仕事を結果まで持っていかない協調性の表れでもある報連相、そして自らのポリシーに固執することのない組織の一員としての自覚を表す順応性は、30歳の即戦力者を採用するうえでとても重要な要件となります。

 これらは先述した知識の柔軟性等の期待される要素を実現するためになくてはならないベースとなるものです。これらは学卒後、およそ10年弱、身に付けてきたビジネスマナーの成果として現れるものですので、決して学生時代の挨拶や先輩や友達間で見せる順応性とは次元が違います。
 
 学生時代は先輩には率先して挨拶しますが、それはむしろ“後が怖い”からです。ビジネスマナーの挨拶は「今日も元気です」「今日もよろしくお願いします」「今日もがんばりましょう」等の宣言でもあるのです。

 こうして一丸となって目標に向けて日々努力を重ねるのです。順応性とて同様です。学生時代に見せる順応性は主として“怖いから”とか“長いものには巻かれろ”といった損得感情がかなりの部分を占めています。しかしビジネスの場面では、会社目標を達成するための組織体に徹するうえで欠かすことが出来ない要素なのです。

 - 転職時のマナー

  関連記事

引き継ぎと挨拶はしっかりと!

①引き継ぎと挨拶はしっかりしよう  転職にするにあたり現職を退職する場合には、同 …

退職までのスケジュール管理

退職までのスケジュール管理をしっかりしよう    30歳はまだまだ活力があり好奇 …