30歳転職ガイド|チャンスを逃さないために

*

自分のアピールポイントや市場価値が分かっていないと不利になる?

   

自分のアピールポイントがわかっていない人は転職で不利になる?

 現在働いており、これから転職を考えている人も多くいるでしょう。そんな時に、自分のアピールすべきポイントが分かっていないと、転職活動において不利になります。転職は自分の年齢に応じてアピールすべきポイントが大きく変わってきます。

 20代での転職では若さや熱意などを全面に押し出すことでアピールすることができますが、30歳ともなると、それなりに社会経験を積んでいますので、能力や経験といった部分も必要となります。そのためにも、自分がこれまでの仕事を通してどういったスキルを身につけてきたか、どういった経験を積んできたかを把握していないと、うまく転職することが難しくなるのです。30歳の応募者に対して企業が求めることは、若さも大切ですが、それよりもスキルを求めることが多いようです。

自分の市場価値をわかってないと不利になる?

 自分の価値がどれぐらいのあるのかといった市場価値を知ることは、転職にはとても重要なことです。今自分自身が持っているスキルや経験などは、世の中ではどれぐらいの価値があり、どれぐらいの企業が求めているのかを把握することで、より効率よく転職先を見つけることができるのです。

 例えば市場価値として20万円ほどのスキルを持っていたとします。それを本人は把握せずに30万円以上の月給を条件に求人検索したとしても、それは当然見つけることが困難です。また、実際に応募したとしても、面接などで希望と違って自ら辞退してしまうかもしれません。市場価値を分かっていないと、こうなる可能性が高くなります。

 また、これまでの年収と市場価値は必ずしも一致するとは限りません。職業によって同じ年齢でも平均年収は異なっていますので、これから退職して転職したとしても、同じ給与水準で働けるとは限らないのです。同じ業種であれば、同水準に近い条件で働くことができるかもしれませんが、異業種への転職となれば、ほぼ年収は下がると思って良いでしょう。業種によって自分の市場価値は下がることを把握していないと、いつまで経っても基準を下げずに求職活動をすることになり、転職を成功させるために時間がかかってしまうのです。

 - 転職の疑問点

  関連記事

no image
転職回数が多い人やブランクのある人は転職に不利になる?

転職回数が多い人は不利?  一概に転職回数が多いからといって、それが就職に不利に …

no image
転職活動で期待しないほうが良いことや不利になること

スカウトされたからといってすんなり転職できるのか?  30歳で転職サイトに自分の …