30歳転職ガイド|チャンスを逃さないために

*

転職活動で期待しないほうが良いことや不利になること

   

スカウトされたからといってすんなり転職できるのか?

 30歳で転職サイトに自分の経歴を登録すると、それを見た企業から、スカウトメールや電話連絡があることがあります。それは、あなたの経歴に着目してくれたということなので、素直に喜んでよいと思います。ですが、それですんなり転職できるのかというと、そうではないという現実があります。

 転職サイトでのスカウトには、オープンなもの、興味を持った程度のもの、本気で採用を検討しているものの3種類があります。オープンあるいは興味通知のオファーの場合、書類選考がパスできるなどの優遇措置はありますが、面接では他の応募者と同等に扱われるため、必ずしも内定が出るとは限りません。

 また、プライベートオファーであっても、あなたが唯一の候補者とは限りません。話を聞きに行ったときに、自分のどこに興味を持ってくれたのか、内定の可能性がどれくらいあるのかを、探っておく方が安心でしょう。浮かれて調子づかないように、せっかくのご縁を大事に、内定につなげる努力をしてください。

会社の規模が変わる転職は不利になる?

 一般的には、転職で会社の規模が大きくなったり、年収がアップするのは、ヘッドハンティングされるようなキャリアと実績がある人に限られています。年齢が上がれば上がるほど、転職によって会社の規模は小さく、年収はダウンすると言われています。

 ですが、会社の規模が変わる転職は不利になるかと聞かれたら、何を目的に転職するかによります。例えば財務や人事でキャリアを積んできた人が、ベンチャー企業を上場企業にしたいという夢にチャレンジするための転職なら、会社の規模など本人にとっては何の意味もないでしょう。

 このように、何を目的に転職をするかによって、会社の規模ではなく、内容やチャレンジできることの方が重要なのです。その見極めをきちんとするためには、なぜ転職したいのかの理由が明確で、自己分析をきちんとしたうえでキャリアプランを立て直し、応募企業でなら自分の希望が叶うと断言できるだけの思いがあることが不可欠です。

 30歳だからこそ、将来の自分を考えたときに、どんな企業を選び、何の仕事をすべきかを自分で決めておく必要があるのです。そのうえで、応募企業を選ぶようにしましょう。

 - 転職の疑問点

  関連記事

no image
転職回数が多い人やブランクのある人は転職に不利になる?

転職回数が多い人は不利?  一概に転職回数が多いからといって、それが就職に不利に …

no image
自分のアピールポイントや市場価値が分かっていないと不利になる?

自分のアピールポイントがわかっていない人は転職で不利になる?  現在働いており、 …